ワキガは切らずに治る

ワキガに悩む人が増えています。

 

ワキガは、医学的には「腋臭症(えきしゅうしょう)」といい、その臭いによって周囲の人たちに不快感を与える病気です。

 

ワキガの匂いは、一般的に「玉ねぎの腐ったような」とか「鉄装備のような」などと表現されます。

 

人混みの中でこのような匂いをかいだとしたら、不愉快な気持ちになるでしょう。

 

逆に悪い匂いを発しているのが自分だとしたら、誰かとちょっと会っていても憂鬱な気分になってしまうでしょう。

 

読売新聞の「心や体の悩み相談」欄に次のようなワキガに関する相談が掲載されていました(2010年7月29日付)。

 

「主人の母親がワキガです。

 

主人もワキガ体質を受け継いでいます。

 

若い頃主人も頻繁に匂いがすごい時があり、特に雨の日が続いた後の生乾きや部屋干しの洋服を着ている時などは雑菌が発色するのか、息苦しくなるほどの臭い時がありました。

 

その体質を練る娘が受け継いでしまって…

 

娘がワキガだと気づいてからあちらこちらで「もしやこのこも!」と思う子がいます。

 

それがけっこうな人数でいるんですよ。」

 

かつて日本人ではワキガになるのは少なく、10人に1〜2人ほどでした。

 

ワキガ臭は、ホルモンの分泌が盛んになる思春期ごろから強くなると言われていましたが、現在では、同病の人口が急増し、小学校低学年の児童でもワキガ臭に悩まされると言われています。

 

そこでご紹介したいクリアネオ

 

⇒クリアネオが楽天やAmazonより安い販売店

 

なぜ、クリアネオがおすすめなのか?それは、今の日本の”超”清潔志向に手術不要で立ち向かえるワキガの救世主だからです。

 

ナンセンスなことしてませんか?

 

最初に1番ベストの施術を1回で済ませることが最も重要なことで、この方法がダメだったらこの方法と言うのは全くナンセンスなことなのです。

 

今の日本は異常な清潔志向です。

 

スーパーやホームセンターに行くと、そこには数え切れない位の殺菌剤、除菌剤、抗菌剤、消臭剤があります。

 

清潔にすることが大切なことですが、度を超した「それ」は異常と呼べるものになってきています。

 

そしてその1つに無臭志向が挙げられます。

 

昔はトイレの水洗ではなく、台所も釜を使い、基本的に食事は家庭で作り、子供は外で汗を流して遊んでいたので、様々な匂いが生活の中に溢れていました。

 

しかし、生活様式の変化に従って、匂いが生活の中から消えていき、その結果、極度に匂いを嫌う社会へと変化してきました。

 

タバコの匂い、トイレの匂い、ペットの臭いに食べ物の匂い、すべての匂いが気になるのです。

 

そんなの手の中で生活するわれわれは、やがて自分の匂いを気にするようになりました。

 

老人臭や加齢臭(オヤジ臭)などはここ数年でよく耳にするようになった言葉です。

 

消臭志向が浸透し、人々はわずかな臭いも許さないようになりました。

 

そして大衆の強い人を差別します。

 

その結果、差別された人は、小さくなってくださなければならなくなったのです。

 

当サイトでは、新しい差別に悩まされるワキガ体質の方々へにヒントをお送りする記事をご用意しております。

 

ぜひごらんください。