ストレス発散法は自分で見つける努力も。

「ストレスがたまる」とよく言います。

 

「たまる」と言うと、まるでストレスのほうが勝手にやってきて、自分の頭の中にプールされたような感じです。

 

しかし実際には、ストレスを生み出す心の状態をつくるのも、ストレスを吐き出せずにため込んでいるのも自分自身です。

 

ストレスはサイト当はたまるものではなくて、「ためてしまう」ものなのではないでしょうか。

 

私が思うに、ストレスをためないためには、努力が必要なのです。

 

すべて人まかせ、治療まかせ、成り行きまかせではなく、自分でできることは自分でする努力は大切だと思います。

 

ストレスがたまるのはよくないとわかっているのなら、自分でなんとかストレス発散の場を見つけ出しましょう。

 

 

 

※「アクティブ」「積極的」は妊娠のための大切なキーワード。

 

ヘッセ、ゲーテなど、幸福論を書いた哲学者は数多くいます。

 

そして、どうもドイツ人の幸福論は、感傷的というか叙情的,感覚的なように感じます。

 

目の前にある美しい情景、自然との一体感、日常の小さなものなどに幸福を見出そうとします。

 

いっぽう、フランス人の幸福論は、「幸福なんてものは寝て待っていても得られない」と言い、自分が行ったことや、目標を達成できたことに喜びを見出そうという傾向があるようです。

 

こんなことを書くと、私がいかにも哲学的な人間のように思われるかもしれませんがサイト当はフランスの哲学書もドイツの哲学書も、断片的にしか読んだことはありません。

 

その少ない読書歴のなかで言っているのですが……。

 

やはり、日本人の幸福論は、どちらかというとドイツ的なのでしょうか。

 

でもそれと同時に、妊娠したいと願うみなさんには、ベジママ 最安値だけでなく、アクティブな幸福論も実践していただきたいと思っています。

 

ストレスがいけないのなら、ストレスを積極的に発散させましょう。

 

その方法とは、つまり一時でも、パッと騒いだり、ほかのことに集中したり、ゆったりとリラックスする時間と場を持つことです。

 

それがどんなことなのかは、人により千差万別,十人十色です。

 

たとえば、ヨガやエアロビクス、陶芸や美術館巡りをすることなども、人によってはリラックス効果があるようです。

 

しかし、どんな方法があなたに合っているかは、あなた自身が試してみるしかありません。