外国へ行けばワキガ嫌悪文化は違います。

元来、狩猟民族の彼らはもともと体臭が強く、ワキガ臭を持ってる人もたくさんいて、それがその人の匂いとして認められています。

 

しかし農耕民族の日本人を対象に関して寛容ではありません。

 

「たかが臭い」ですが、「されど臭い」です。

 

日本社会で生きている以上、この消臭志向を受け入れなければなりません。

 

くよくよ悩むより、相談の第一歩を踏み出し、改善してみましょう。

 

汗を気にして人間関係に臆病になったり、匂いを気にして、引っ込み思案になる。

 

また着たい服も着れず、やりたいことものびのびとできないのでは、人生面白くありません。

 

このサイトはワキガ、多汗症の基本的な知識を提示することによって、理解を深めてもらうことが目的です。

 

また、現在行われているワキガ、多汗症の治療方法の主なものも紹介

 

その上で、美容外科は最も有効 (脱毛効果、消臭効果、制汗、黄ばみに対しての効果)であり、最善であると判断したローラクランプ法を薦めています。

 

この方法は海外でも認められ、広く使用されています。

 

手術に関しては、正しい知識を持ち、1回で完治できる方法を選択することが重要と考えております。

 

美容外科でも、このサイトに書かれているすべての方法行うことができます。

 

クリニックによっては、効果や傷跡等でランク付けし、方法選べるようにしてるところもあります。

 

しかし、一旦手術をしてしまうと組織は癒着繊維化を起こし、その効果が不完全で次の手術が不必要になってしまった場合、その程度によっては、もはや有効な手術ができなくなってしまいます。

 

つまり、最初に1番ベストの施術を1回で過ごせることが最も重要なことで、この方法がダメだったらこの方法と言うのは全くナンセンスなことなのです。

 

しかし、メスで切る必要のないローラークランプ法だと、傷口はほとんど残らず、術後のクレームはまれで、比較的高い効果が期待できます。

 

そのため本書では、ローラクランプ法を薦めており、手術の方法やそのメリットについて、詳しく紹介をしています。

 

妙な先入観、思い込みが治療に踏み出す壁になっているのです。

 

治療も手術も決して恐ろしいものでも大変なものでもないことを理解し、ワキガ、多汗症による匂いに悩まされる毎日から解放されましょう!